全国各地で取り組まれている「子ども食堂」が今日初めて寒河江でも行われると聞き、地域参加型子ども食堂「フローラ食堂」におじゃましてきました。
子ども食堂は元々貧困に悩む家庭や孤食をせざるを得ない家庭の子どもを対象に食事を提供する事業としてはじめられました。しかし「子ども食堂に通うのは貧しい家の子」という差別を助長してしまうイメージになってしまったため、現在では参加対象者に経済的理由を設けず、食事の提供だけではなく学習支援や居場所づくりという形になっているのだそうです。
お話を伺ったところ、今回は寒河江小、中部小、柴橋小等から約20名の方(親子での参加がほとんど)が予約をされたとのこと。

会場となったのはフローラ寒河江の会議室なんですが、ここには調理場がないため、ハートフルセンター調理室で調理したものをこちらへ移動。各地で行われている子ども食堂の話を伺い、できるだけ人が集まりやすい場所での開催をと考えて、フローラ寒河江での開催を決めたのだそう。
楽しく手巻き寿司を作って味わいながら、初めてお会いする方とも仲良くお話されておりました。
毎月第三木曜日に開催で、前半は居場所タイム、後半は食堂タイムとなっており、食事をされる方は準備の都合上前日までの申し込みが必要とのことでしたので、参加してみたい方はチラシをご参照下さい。